ポータブルゲーム端末「Steam Deck」日本向けのオンライン予約が本日開始!価格は5万9800円からm

2022年8月4日、ValveとKomodoはポータブルゲーム端末「Steam Deck」について、日本を含むアジア地域で提供すると発表。本日よりオンライン予約を開始している。発売は2022年末予定で、価格は5万9800円(64GB)から。 ValveとKomodoは8月4日、ポータブルゲーム端末「Steam Deck」について、日本を含むアジア地域で提供計画を発表した。 Steam Deckは、昨年の7月にValveが発表して話題となっていたが、既に米国では発売されていたものの、国内販売の予約や時期が明らかになっていなかった。プロセッサーはAMD APU(Zen 2 4コア/8スレッド、最大3.5GHz)で、メモリー16GB(LPDDR5)を備える。ディスプレーは7型(1280×800ドット、60Hz、400nit)となっている。 通信機能はBluetooth 5.0&Wi-Fi 5。インターフェースはDisplayPort 1.4準拠のAltモード対応であるUSB Type-Cを搭載。重量は約669グラム。OSはWindowsではなく、Steam Deck向けに開発されたSteam OS 3.0が搭載されている。 Steam Deckの初回予約分は日本、韓国、香港、台湾で2022年の年末に出荷される予定で、オンライン予約は本日より、下記の特設サイトで受け付けている。 価格は搭載するストレージによって異なり、64GBモデルが5万9800円、256GBモデルが7万9800円、512GBモデルが9万9800円となる。また、予約には1000円必要になるとのこと(正規の価格から差し引かれる)。出荷予定は2022年末を予定している。 ちなみにKomodoはリッキー・ウーイ氏とモモセ・ジャック・レオン氏の共同設立で、株式会社Degicaのゲーム部門が独立した新会社として設立。Valve社が提供するVRシステム「Valve Index」の販売なども行なっている。 Valveのグレッグ・クーマー氏は今回のSteam Deckの国内展開について「我々は、Komodoと協力して「Steam Deck」をアジアに展開することに非常に興奮しています。Komodoのチームとは何年も一緒に仕事をしてきており、彼らがお客様を非常に満足させる手助けをしてくれると、高い信頼を寄せています。」とコメントしている。 また、Komodoは、今回のValveとの「Steam Deck」の配信以外にも、Steam向けのゲームの開発・パブリッシングを行なっており、今週末に京都で開催されるBitSummit および9月の東京ゲームショウで、「Steam Deck」での初の自社制作作品を公開する予定。 KomodoのCEOであるリッキー・ウーイ氏は「アジアのゲーマーにSteam …

ポータブルゲーム端末「Steam Deck」日本向けのオンライン予約が本日開始!価格は5万9800円からm Read More

ポータブルゲーム端末「Steam Deck」日本向けのオンライン予約が本日開始!価格は5万9800円からl

2022年8月4日、ValveとKomodoはポータブルゲーム端末「Steam Deck」について、日本を含むアジア地域で提供すると発表。本日よりオンライン予約を開始している。発売は2022年末予定で、価格は5万9800円(64GB)から。 ValveとKomodoは8月4日、ポータブルゲーム端末「Steam Deck」について、日本を含むアジア地域で提供計画を発表した。 Steam Deckは、昨年の7月にValveが発表して話題となっていたが、既に米国では発売されていたものの、国内販売の予約や時期が明らかになっていなかった。プロセッサーはAMD APU(Zen 2 4コア/8スレッド、最大3.5GHz)で、メモリー16GB(LPDDR5)を備える。ディスプレーは7型(1280×800ドット、60Hz、400nit)となっている。 通信機能はBluetooth 5.0&Wi-Fi 5。インターフェースはDisplayPort 1.4準拠のAltモード対応であるUSB Type-Cを搭載。重量は約669グラム。OSはWindowsではなく、Steam Deck向けに開発されたSteam OS 3.0が搭載されている。 Steam Deckの初回予約分は日本、韓国、香港、台湾で2022年の年末に出荷される予定で、オンライン予約は本日より、下記の特設サイトで受け付けている。 価格は搭載するストレージによって異なり、64GBモデルが5万9800円、256GBモデルが7万9800円、512GBモデルが9万9800円となる。また、予約には1000円必要になるとのこと(正規の価格から差し引かれる)。出荷予定は2022年末を予定している。 ちなみにKomodoはリッキー・ウーイ氏とモモセ・ジャック・レオン氏の共同設立で、株式会社Degicaのゲーム部門が独立した新会社として設立。Valve社が提供するVRシステム「Valve Index」の販売なども行なっている。 Valveのグレッグ・クーマー氏は今回のSteam Deckの国内展開について「我々は、Komodoと協力して「Steam Deck」をアジアに展開することに非常に興奮しています。Komodoのチームとは何年も一緒に仕事をしてきており、彼らがお客様を非常に満足させる手助けをしてくれると、高い信頼を寄せています。」とコメントしている。 また、Komodoは、今回のValveとの「Steam Deck」の配信以外にも、Steam向けのゲームの開発・パブリッシングを行なっており、今週末に京都で開催されるBitSummit および9月の東京ゲームショウで、「Steam Deck」での初の自社制作作品を公開する予定。 KomodoのCEOであるリッキー・ウーイ氏は「アジアのゲーマーにSteam …

ポータブルゲーム端末「Steam Deck」日本向けのオンライン予約が本日開始!価格は5万9800円からl Read More

ポータブルゲーム端末「Steam Deck」日本向けのオンライン予約が本日開始!価格は5万9800円からk

2022年8月4日、ValveとKomodoはポータブルゲーム端末「Steam Deck」について、日本を含むアジア地域で提供すると発表。本日よりオンライン予約を開始している。発売は2022年末予定で、価格は5万9800円(64GB)から。 ValveとKomodoは8月4日、ポータブルゲーム端末「Steam Deck」について、日本を含むアジア地域で提供計画を発表した。 Steam Deckは、昨年の7月にValveが発表して話題となっていたが、既に米国では発売されていたものの、国内販売の予約や時期が明らかになっていなかった。プロセッサーはAMD APU(Zen 2 4コア/8スレッド、最大3.5GHz)で、メモリー16GB(LPDDR5)を備える。ディスプレーは7型(1280×800ドット、60Hz、400nit)となっている。 通信機能はBluetooth 5.0&Wi-Fi 5。インターフェースはDisplayPort 1.4準拠のAltモード対応であるUSB Type-Cを搭載。重量は約669グラム。OSはWindowsではなく、Steam Deck向けに開発されたSteam OS 3.0が搭載されている。 Steam Deckの初回予約分は日本、韓国、香港、台湾で2022年の年末に出荷される予定で、オンライン予約は本日より、下記の特設サイトで受け付けている。 価格は搭載するストレージによって異なり、64GBモデルが5万9800円、256GBモデルが7万9800円、512GBモデルが9万9800円となる。また、予約には1000円必要になるとのこと(正規の価格から差し引かれる)。出荷予定は2022年末を予定している。 ちなみにKomodoはリッキー・ウーイ氏とモモセ・ジャック・レオン氏の共同設立で、株式会社Degicaのゲーム部門が独立した新会社として設立。Valve社が提供するVRシステム「Valve Index」の販売なども行なっている。 Valveのグレッグ・クーマー氏は今回のSteam Deckの国内展開について「我々は、Komodoと協力して「Steam Deck」をアジアに展開することに非常に興奮しています。Komodoのチームとは何年も一緒に仕事をしてきており、彼らがお客様を非常に満足させる手助けをしてくれると、高い信頼を寄せています。」とコメントしている。 また、Komodoは、今回のValveとの「Steam Deck」の配信以外にも、Steam向けのゲームの開発・パブリッシングを行なっており、今週末に京都で開催されるBitSummit および9月の東京ゲームショウで、「Steam Deck」での初の自社制作作品を公開する予定。 KomodoのCEOであるリッキー・ウーイ氏は「アジアのゲーマーにSteam …

ポータブルゲーム端末「Steam Deck」日本向けのオンライン予約が本日開始!価格は5万9800円からk Read More

ポータブルゲーム端末「Steam Deck」日本向けのオンライン予約が本日開始!価格は5万9800円から

2022年8月4日、ValveとKomodoはポータブルゲーム端末「Steam Deck」について、日本を含むアジア地域で提供すると発表。本日よりオンライン予約を開始している。発売は2022年末予定で、価格は5万9800円(64GB)から。 ValveとKomodoは8月4日、ポータブルゲーム端末「Steam Deck」について、日本を含むアジア地域で提供計画を発表した。 Steam Deckは、昨年の7月にValveが発表して話題となっていたが、既に米国では発売されていたものの、国内販売の予約や時期が明らかになっていなかった。プロセッサーはAMD APU(Zen 2 4コア/8スレッド、最大3.5GHz)で、メモリー16GB(LPDDR5)を備える。ディスプレーは7型(1280×800ドット、60Hz、400nit)となっている。 通信機能はBluetooth 5.0&Wi-Fi 5。インターフェースはDisplayPort 1.4準拠のAltモード対応であるUSB Type-Cを搭載。重量は約669グラム。OSはWindowsではなく、Steam Deck向けに開発されたSteam OS 3.0が搭載されている。 Steam Deckの初回予約分は日本、韓国、香港、台湾で2022年の年末に出荷される予定で、オンライン予約は本日より、下記の特設サイトで受け付けている。 価格は搭載するストレージによって異なり、64GBモデルが5万9800円、256GBモデルが7万9800円、512GBモデルが9万9800円となる。また、予約には1000円必要になるとのこと(正規の価格から差し引かれる)。出荷予定は2022年末を予定している。 ちなみにKomodoはリッキー・ウーイ氏とモモセ・ジャック・レオン氏の共同設立で、株式会社Degicaのゲーム部門が独立した新会社として設立。Valve社が提供するVRシステム「Valve Index」の販売なども行なっている。 Valveのグレッグ・クーマー氏は今回のSteam Deckの国内展開について「我々は、Komodoと協力して「Steam Deck」をアジアに展開することに非常に興奮しています。Komodoのチームとは何年も一緒に仕事をしてきており、彼らがお客様を非常に満足させる手助けをしてくれると、高い信頼を寄せています。」とコメントしている。 また、Komodoは、今回のValveとの「Steam Deck」の配信以外にも、Steam向けのゲームの開発・パブリッシングを行なっており、今週末に京都で開催されるBitSummit および9月の東京ゲームショウで、「Steam Deck」での初の自社制作作品を公開する予定。 KomodoのCEOであるリッキー・ウーイ氏は「アジアのゲーマーにSteam …

ポータブルゲーム端末「Steam Deck」日本向けのオンライン予約が本日開始!価格は5万9800円から Read More

【最大震度4】北海道で地震相次ぐ 午前1時41分頃から午前4時半ごろにかけh

北海道・宗谷地方で未明に最大震度4の地震がありました。 現在までに大きな被害は確認されていません。 8月4日午前1時41分頃、宗谷地方北部を震源とする地震があり、幌延町で震度4、天塩町で震度3、豊富町で震度2を記録しました。 地震の規模はマグニチュード3.7と推定されています。 さらにそのおよそ20分後と、午前4時半ごろにも宗谷地方北部を震源とする地震があり、いずれも幌延町で震度3を記録しました。 警察と消防によりますと、いずれの地震についても現在までに被害の通報は寄せられていません。

【最大震度4】北海道で地震相次ぐ 午前1時41分頃から午前4時半ごろにかけh Read More

【最大震度4】北海道で地震相次ぐ 午前1時41分頃から午前4時半ごろにかけg

北海道・宗谷地方で未明に最大震度4の地震がありました。 現在までに大きな被害は確認されていません。 8月4日午前1時41分頃、宗谷地方北部を震源とする地震があり、幌延町で震度4、天塩町で震度3、豊富町で震度2を記録しました。 地震の規模はマグニチュード3.7と推定されています。 さらにそのおよそ20分後と、午前4時半ごろにも宗谷地方北部を震源とする地震があり、いずれも幌延町で震度3を記録しました。 警察と消防によりますと、いずれの地震についても現在までに被害の通報は寄せられていません。

【最大震度4】北海道で地震相次ぐ 午前1時41分頃から午前4時半ごろにかけg Read More

【最大震度4】北海道で地震相次ぐ 午前1時41分頃から午前4時半ごろにかけf

北海道・宗谷地方で未明に最大震度4の地震がありました。 現在までに大きな被害は確認されていません。 8月4日午前1時41分頃、宗谷地方北部を震源とする地震があり、幌延町で震度4、天塩町で震度3、豊富町で震度2を記録しました。 地震の規模はマグニチュード3.7と推定されています。 さらにそのおよそ20分後と、午前4時半ごろにも宗谷地方北部を震源とする地震があり、いずれも幌延町で震度3を記録しました。 警察と消防によりますと、いずれの地震についても現在までに被害の通報は寄せられていません。

【最大震度4】北海道で地震相次ぐ 午前1時41分頃から午前4時半ごろにかけf Read More

【最大震度4】北海道で地震相次ぐ 午前1時41分頃から午前4時半ごろにかけ

北海道・宗谷地方で未明に最大震度4の地震がありました。 現在までに大きな被害は確認されていません。 8月4日午前1時41分頃、宗谷地方北部を震源とする地震があり、幌延町で震度4、天塩町で震度3、豊富町で震度2を記録しました。 地震の規模はマグニチュード3.7と推定されています。 さらにそのおよそ20分後と、午前4時半ごろにも宗谷地方北部を震源とする地震があり、いずれも幌延町で震度3を記録しました。 警察と消防によりますと、いずれの地震についても現在までに被害の通報は寄せられていません。

【最大震度4】北海道で地震相次ぐ 午前1時41分頃から午前4時半ごろにかけ Read More

ポケモンが宝石化!?『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』最新情報の公開とパッケージ版の予約が開始d

2022年8月3日、ポケモン公式YouTubeチャンネルにて「Pokémon Presents 2022.8.3」が公開。最新作『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』などの最新情報が多数発表された。 ポケモンは8月3日、ポケモン公式YouTubeチャンネルにて公開した「Pokémon Presents 2022.8.3」で、Nintendo Switchソフト『ポケットモンスター スカーレット』『ポケットモンスター バイオレット』などの最新情報を発表した。 本日よりパッケージ版の予約が開始されている。本作の発売日は2022年11月18日で、価格はパッケージ版が各6578円、ダウンロード版が各6500円だ。2つのバージョンがセットになったダブルパックも、1万3156円(パッケージ版価格)で販売予定。 ※ダブルパックは、ダウンロードカード版の発売も予定 番組では、冒険の舞台となる「パルデア地方」や、伝説のポケモン「コライドン」「ミライドン」の新たなフォルム、ポケモンが光り輝く現象「テラスタル」など、多数の新情報が発表された。その一部を紹介していこう。 ■【公式】Pokémon Presents 2022.8.3 ■3rd Trailer ■3rd Trailer 紹介映像 壮大な自然と色彩豊かな街並みが織りなす「パルデア地方」 冒険の舞台となるパルデア地方は、そびえ立つ山々や湖、そして荒野や険しい山岳地帯と壮大な大地がひと続きになっている場所。農業が盛んな村や、活気のある市場がある港町など、さまざまな場所で人々とポケモンが暮らしている。 伝説のポケモン「コライドン」「ミライドン」の新たなフォルムを発見 とある出来事がきっかけで主人公と冒険の道中に出会い、ともに旅をすることになる伝説のポケモン「コライドン」「ミライドン」。どうやらすでに発見されている姿とは異なったさまざまなフォルムがあり、その行動やフィールドにあった形態に変化することができるようだ。 ポケモンたちが宝石のように光り輝く「テラスタル」  テラスタルとは、ポケモンたちが宝石のようにキラキラと光り輝く、パルデア地方特有の現象。テラスタルすると、頭部などにテラスタルジュエルが王冠のように発生し、体表はカットした宝石のようにきらめくことに。 パルデア地方で新たに出会えるポケモン 「パルデアのすがた」を持つポケモン 【ゲーム情報】 …

ポケモンが宝石化!?『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』最新情報の公開とパッケージ版の予約が開始d Read More

ポケモンが宝石化!?『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』最新情報の公開とパッケージ版の予約が開始c

2022年8月3日、ポケモン公式YouTubeチャンネルにて「Pokémon Presents 2022.8.3」が公開。最新作『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』などの最新情報が多数発表された。 ポケモンは8月3日、ポケモン公式YouTubeチャンネルにて公開した「Pokémon Presents 2022.8.3」で、Nintendo Switchソフト『ポケットモンスター スカーレット』『ポケットモンスター バイオレット』などの最新情報を発表した。 本日よりパッケージ版の予約が開始されている。本作の発売日は2022年11月18日で、価格はパッケージ版が各6578円、ダウンロード版が各6500円だ。2つのバージョンがセットになったダブルパックも、1万3156円(パッケージ版価格)で販売予定。 ※ダブルパックは、ダウンロードカード版の発売も予定 番組では、冒険の舞台となる「パルデア地方」や、伝説のポケモン「コライドン」「ミライドン」の新たなフォルム、ポケモンが光り輝く現象「テラスタル」など、多数の新情報が発表された。その一部を紹介していこう。 ■【公式】Pokémon Presents 2022.8.3 ■3rd Trailer ■3rd Trailer 紹介映像 壮大な自然と色彩豊かな街並みが織りなす「パルデア地方」 冒険の舞台となるパルデア地方は、そびえ立つ山々や湖、そして荒野や険しい山岳地帯と壮大な大地がひと続きになっている場所。農業が盛んな村や、活気のある市場がある港町など、さまざまな場所で人々とポケモンが暮らしている。 伝説のポケモン「コライドン」「ミライドン」の新たなフォルムを発見 とある出来事がきっかけで主人公と冒険の道中に出会い、ともに旅をすることになる伝説のポケモン「コライドン」「ミライドン」。どうやらすでに発見されている姿とは異なったさまざまなフォルムがあり、その行動やフィールドにあった形態に変化することができるようだ。 ポケモンたちが宝石のように光り輝く「テラスタル」  テラスタルとは、ポケモンたちが宝石のようにキラキラと光り輝く、パルデア地方特有の現象。テラスタルすると、頭部などにテラスタルジュエルが王冠のように発生し、体表はカットした宝石のようにきらめくことに。 パルデア地方で新たに出会えるポケモン 「パルデアのすがた」を持つポケモン 【ゲーム情報】 …

ポケモンが宝石化!?『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』最新情報の公開とパッケージ版の予約が開始c Read More